神待ち

仕事の帰り道にバックを広げて何かを探している女性を見かけました。無視も出来たのですが困っている感じがしたのでその女性に声をかけてみました。すると彼女はお財布をどこかに置いていってしまい帰る電車代がないと言いました。警察に届けたくてもこの近くには警察もないし、俺は5千円だけ彼女にあげました。彼女は俺の連絡先を聞いて必ず返しますと言ってその場を後にしました。それから数日後、彼女から連絡があり5千円を返してくれることになりました。

当日、彼女は5千円を私に返してくれました。正直戻ってこないかなと思っていたので、お金が戻ってきて良かったと思いました。

「何かをしたらお小遣いをあげる神待ちみたいな男性と違うから本当に驚きました。」この女性は神待ちを利用する人だと分かり驚きました。食事へ行こうと誘ったら一緒に来てくれるかなと思い誘ってみたら案の定彼女はいいよと言ってくれました。
家出掲示板

食事をしながら神待ちの話を聞きました。彼女は彼氏が欲しくてよく出会い系を利用していると教えてくれました。「ドラマみたいな出会い方がある事に正直驚いたし、もしかしたらあなたと出会えたのも運命なのかもね。もし良ければまた会いたいな。」ストレートな彼女。でも嫌いではありません。俺も彼女に会った瞬間からいいなと思ってたのでこれからも会おうと言う約束をしました。

食事が終わってからも彼女と街をぶらぶらと歩き次第に夜になっていきました。このまま帰るのはもったいなかったので、これからどうしようかなと思っていた矢先に彼女からホテルへ行こうと誘われました。
パパ活アプリ
パトロン募集