こじらせ女子

私の友達彩奈は花嫁修行として料理教室にも通っています。お掃除も好きだし、綺麗好きだし私と結婚できる男性は本当に幸せ者だと言っています。
ある日、彼氏の友達が彼氏募集中の女性何人か呼んでバーベキューをやって欲しいと頼まれたのでそこに彩奈も誘いやりました。彩奈はこれこそ私のアピール出来る場所が沢山あると喜んでいました。
バーベキュー当日は彩奈が率先として料理をやりました。まるで彩奈がやらないと何も進まないと思っているけど、他の女性陣が手伝おうとすると断るので出来る女をアピールしたいんだと思います。ある意味こじらせ女子。女性以外で男性が手伝うのは断らないみたいだけれど、その男性は一番タイプではない相手みたいでがっかりした顔をしていました。
しばらくして料理をあの男性に任せて、彩奈が気になる男性がいる方へ行きました。「みんな、手伝ってよ。私1人じゃ大変。」すると、私の友達が小声で「手伝おうと思っても彩奈さんが大丈夫って言ったじゃん。」「こじらせ女子だよね。」こじらせ女子よく分からなかった彩奈はそんな言葉は耳に入らずに男性たちを調理場へ行かせました。
処女を捨てたい
その後、バーベキューは無事に終わりましたが、綾奈がタイプではない男性から連絡先を聞かれていたのでトイレと偽りその男性をスルーして好みの男性の連絡先をゲットしていました。
後日、彩奈はその男性とデートをしていましたがその後、男性が彼氏に連絡がありました。彩奈が男性のLINEや電話でしつこくデートしようと誘ってきて仕方なく行ったけれど、行かなきゃ良かったと言う内容でした。それと同じぐらいに彩奈から連絡がありました。デートした男性から「俺、出来ない女の方が好きだから君とは恋愛対象としては見れないと言われたの。出来る女は辛いな。」と、自分で自分を自画自賛していました。
その後、2回目のバーベキューはありましたが彩奈は誘わないでと言われ密かに開催することになりました。
下着売り
フェラだけ