ライブチャットでオナニー

 24歳の、OLです。
私が初めて、ライブチャットでオナニーを見せたのは大学生の頃でした。
余りにも効率の良いお金の稼ぎ方に、OLになった現在でも継続してしまっています。
ライブチャットでオナニーを見せるようになったきっかけは、学生の頃お金を使いすぎて貯金までなくなってしまったからです。
これはまずいなっていう感じで、何とか簡単に稼げる方法はないか?と考えるようになっていました。
援助交際は、さすがに無理。
知らない人に挿入させるのは絶対に嫌。
でも性格的にはエッチだったから、ライブチャットでオナニー見せるのはいいのかな?という気持ちに。
何と言ってもリアルな世界ではない部分に、魅力を感じました。

 当初は、多少なりとも抵抗感を持つ部分もあり、もし嫌な人だったら脱がずに拒否をしてしまえばいいかな?という考えでした。
ですが、実際にライブチャットでお仕事を始めて、気が付いたのが自分のM体質。
見知らぬ男の人に「パンツはどんなやつ?」とか「オマンコ濡れてるんじゃないの?」なんて言われているうちに、刺激を覚えてしまっている自分がいたりして。
「とりあえずパンツ見せてくれない?」
言われて、さりげなくスカートをまくり上げてみせちゃったり。
「クロッチのところに、臭いがついてそう」
ライブチャットで見るオナニー
こんなこと言われて、ドキドキしない女の子はいないでしょう。
次第にスイッチが入っちゃって、言われるがままって感じでした。
いつの間にか少しずつ裸にされちゃって、オッパイを見られていました。
「コリコリの乳首を、いじってみてよ」
「うん」
素直に返事をして触りだし、熱い吐息を漏らしました。
パンツも脱ぐように命令されて、オマンコを見せて開脚。
クリちゃんを触って、マン汁を溢れさせる。
ビラを広げて中までしっかり見せてしまう。
この一連の行為に、深い快楽を覚えてしまっていた私です。

 ライブチャットでオナニーを見せるって、凄い刺激でした。
もともと性格はエッチだったから、リアルじゃないのも手伝ってすっかりのめり込んでいくことに。
気が付けば、とても大きな収入にもなっていてビックリしてしまいました。
それから現在に至るまで、ライブチャットでお仕事を続けてしまっています。
チャットオナニー
エロチャット

出会い系でのセフレの作り方

出会い系でのセフレの作り方って、俺の場合はちょっと色々難しい。
陰毛生えてる女が無理なの。
だけど、事前に「陰毛処理してる?」なんて聞けないじゃん。
出会い系でのセフレの作り方で困ることってそのあたりかな。
脱いで初めて、「うわっ」ってなっちゃう時あると、マジ凹む。
最近の若いコって、陰毛処理してるケースが多いとはいえ、やっぱり、人それぞれなんだよね。
陰毛薄い子だったら、まだ平気だけど、結構剛毛でボーボーだった場合、かなりテンション下がる。
っていうか、一回、その場で文句言ったことあるもん。
「陰毛処理くらいエチケットだろ!こういうことになるって分かってるんだから、ちゃんと剃るなりしてこいよ!」って。
出会い系のセフレ
割と、見た目は可愛い子で、服装もお洒落だし、だから下の毛もちゃんとしてるに違いないって俺は思いこんでたから、ショックが大きすぎて。
そしたら、その子も負けてないのよ。
「陰毛処理くらいしてる!ちゃんとカットしてるもん!これ以上剃ったり抜いたりする手間と費用考えたことある?」
「自分の彼女にそういうことを要求するならまだ分かるけど、ただの出会い系じゃん。それが許せないなら、出会い系やるな!」だって。
よくよく考えたら、まぁ、その通りなんだけどね。
俺のこだわりを見ず知らずの女の子に押し付けてどうすんだって話。
出会い系でのセフレの作り方の難しさってこういうところだよ。
100%自分好みの女なんて、この世に存在しないということを受け入れないとダメよね。
人妻との不倫
アシュレイマディソン

乳首開発

 実は、乳首で逝くようになっています。
乳首開発は、彼女の提案でした。
「男の人でも、乳首を開発すると絶頂を迎えるらしいよ」
僕の部屋に遊びに来ていた彼女が、突然言い出しました。
「だから、私が優くんの乳首開発してあげるから」
ノリノリの発言でした。
「本当に、そんなことあるの?」
「開発されたら、乳首だけで射精アリって話だからね。面白そうじゃない?」
「まあ・・・な」
「だからね、やってあげる」
彼女は、僕の服を脱がして、乳首の刺激を開始してしまったのです。
思えば、自分の乳首を刺激された経験って、殆んどないような気がします。
昔の彼女とかも、乳首をちょっと舐めたりはしたけれど、それ以上はしない。
だから、今カノにされた刺激が、初めてと言っても過言じゃないかもしれませんでした。

 エッチするたびに、乳首開発は続けられるようになりました。
そのたびに「こんな感じで、少しは気持ち良い?」と、彼女は訪ねてきたりします。
指で激しくつままれたりもするし、優しく引っかかれたりもする。
もちろん口でチュパチュパされたりもする。
毎回やられて行くうちに、それまでとは違った感覚を感じるようになってしまっていたのです。
乳首開発って、本物なんじゃないか?と思えるようになっていた僕でした。
乳首開発を希望する女子大生の私がTwitterの裏垢男子と絡んだ結果

 ローターも使われたりと、散々乳首を刺激されて、感じたことがない悦楽の境地を味わうようになってしまっていました。
開発が始まって、随分時間が経過していたのですが、これは射精まで行かなくても、かなり素晴らしいと思うようにもなっていたのですが、ついにその時がやってきたのです。
彼女に乳首を触られ、刺激され続けた結果でした。
チンコの先から、ザーメンが飛び出してしまったのです。
その時の悦楽気分は、筆舌に尽くしがたいほどの、宙に浮くような感覚だったのです。
さすがに、これには驚かされました。
彼女の方も、乳首で射精した僕を見て大喜び。
「やったね?新しい未来が開けたんじゃない?」
「かもしれない、ちょっとやばいこれ!」
自分も大喜びでしたが、彼女も同様でした。
乳首開発
勃起乳首

こじらせ女子

私の友達彩奈は花嫁修行として料理教室にも通っています。お掃除も好きだし、綺麗好きだし私と結婚できる男性は本当に幸せ者だと言っています。
ある日、彼氏の友達が彼氏募集中の女性何人か呼んでバーベキューをやって欲しいと頼まれたのでそこに彩奈も誘いやりました。彩奈はこれこそ私のアピール出来る場所が沢山あると喜んでいました。
バーベキュー当日は彩奈が率先として料理をやりました。まるで彩奈がやらないと何も進まないと思っているけど、他の女性陣が手伝おうとすると断るので出来る女をアピールしたいんだと思います。ある意味こじらせ女子。女性以外で男性が手伝うのは断らないみたいだけれど、その男性は一番タイプではない相手みたいでがっかりした顔をしていました。
しばらくして料理をあの男性に任せて、彩奈が気になる男性がいる方へ行きました。「みんな、手伝ってよ。私1人じゃ大変。」すると、私の友達が小声で「手伝おうと思っても彩奈さんが大丈夫って言ったじゃん。」「こじらせ女子だよね。」こじらせ女子よく分からなかった彩奈はそんな言葉は耳に入らずに男性たちを調理場へ行かせました。
処女を捨てたい
その後、バーベキューは無事に終わりましたが、綾奈がタイプではない男性から連絡先を聞かれていたのでトイレと偽りその男性をスルーして好みの男性の連絡先をゲットしていました。
後日、彩奈はその男性とデートをしていましたがその後、男性が彼氏に連絡がありました。彩奈が男性のLINEや電話でしつこくデートしようと誘ってきて仕方なく行ったけれど、行かなきゃ良かったと言う内容でした。それと同じぐらいに彩奈から連絡がありました。デートした男性から「俺、出来ない女の方が好きだから君とは恋愛対象としては見れないと言われたの。出来る女は辛いな。」と、自分で自分を自画自賛していました。
その後、2回目のバーベキューはありましたが彩奈は誘わないでと言われ密かに開催することになりました。
下着売り
フェラだけ