乳首開発

 実は、乳首で逝くようになっています。
乳首開発は、彼女の提案でした。
「男の人でも、乳首を開発すると絶頂を迎えるらしいよ」
僕の部屋に遊びに来ていた彼女が、突然言い出しました。
「だから、私が優くんの乳首開発してあげるから」
ノリノリの発言でした。
「本当に、そんなことあるの?」
「開発されたら、乳首だけで射精アリって話だからね。面白そうじゃない?」
「まあ・・・な」
「だからね、やってあげる」
彼女は、僕の服を脱がして、乳首の刺激を開始してしまったのです。
思えば、自分の乳首を刺激された経験って、殆んどないような気がします。
昔の彼女とかも、乳首をちょっと舐めたりはしたけれど、それ以上はしない。
だから、今カノにされた刺激が、初めてと言っても過言じゃないかもしれませんでした。

 エッチするたびに、乳首開発は続けられるようになりました。
そのたびに「こんな感じで、少しは気持ち良い?」と、彼女は訪ねてきたりします。
指で激しくつままれたりもするし、優しく引っかかれたりもする。
もちろん口でチュパチュパされたりもする。
毎回やられて行くうちに、それまでとは違った感覚を感じるようになってしまっていたのです。
乳首開発って、本物なんじゃないか?と思えるようになっていた僕でした。
乳首開発を希望する女子大生の私がTwitterの裏垢男子と絡んだ結果

 ローターも使われたりと、散々乳首を刺激されて、感じたことがない悦楽の境地を味わうようになってしまっていました。
開発が始まって、随分時間が経過していたのですが、これは射精まで行かなくても、かなり素晴らしいと思うようにもなっていたのですが、ついにその時がやってきたのです。
彼女に乳首を触られ、刺激され続けた結果でした。
チンコの先から、ザーメンが飛び出してしまったのです。
その時の悦楽気分は、筆舌に尽くしがたいほどの、宙に浮くような感覚だったのです。
さすがに、これには驚かされました。
彼女の方も、乳首で射精した僕を見て大喜び。
「やったね?新しい未来が開けたんじゃない?」
「かもしれない、ちょっとやばいこれ!」
自分も大喜びでしたが、彼女も同様でした。
乳首開発
勃起乳首

こじらせ女子

私の友達彩奈は花嫁修行として料理教室にも通っています。お掃除も好きだし、綺麗好きだし私と結婚できる男性は本当に幸せ者だと言っています。
ある日、彼氏の友達が彼氏募集中の女性何人か呼んでバーベキューをやって欲しいと頼まれたのでそこに彩奈も誘いやりました。彩奈はこれこそ私のアピール出来る場所が沢山あると喜んでいました。
バーベキュー当日は彩奈が率先として料理をやりました。まるで彩奈がやらないと何も進まないと思っているけど、他の女性陣が手伝おうとすると断るので出来る女をアピールしたいんだと思います。ある意味こじらせ女子。女性以外で男性が手伝うのは断らないみたいだけれど、その男性は一番タイプではない相手みたいでがっかりした顔をしていました。
しばらくして料理をあの男性に任せて、彩奈が気になる男性がいる方へ行きました。「みんな、手伝ってよ。私1人じゃ大変。」すると、私の友達が小声で「手伝おうと思っても彩奈さんが大丈夫って言ったじゃん。」「こじらせ女子だよね。」こじらせ女子よく分からなかった彩奈はそんな言葉は耳に入らずに男性たちを調理場へ行かせました。
処女を捨てたい
その後、バーベキューは無事に終わりましたが、綾奈がタイプではない男性から連絡先を聞かれていたのでトイレと偽りその男性をスルーして好みの男性の連絡先をゲットしていました。
後日、彩奈はその男性とデートをしていましたがその後、男性が彼氏に連絡がありました。彩奈が男性のLINEや電話でしつこくデートしようと誘ってきて仕方なく行ったけれど、行かなきゃ良かったと言う内容でした。それと同じぐらいに彩奈から連絡がありました。デートした男性から「俺、出来ない女の方が好きだから君とは恋愛対象としては見れないと言われたの。出来る女は辛いな。」と、自分で自分を自画自賛していました。
その後、2回目のバーベキューはありましたが彩奈は誘わないでと言われ密かに開催することになりました。
下着売り
フェラだけ

相互オナニー

電車ですごく好みの女性がいたんだよね。満員電車で、その女性の後ろに立ってしまったのは全くの偶然だ。多分。
そしたら、たまたま、女性のスマホの画面が見えて、俺は思わず声を出しそうになった。
その女性が見ていたのは出会い系サイトで、しかも書き込んでいた内容が『相互オナニーしてくれる人募集中』だったのだ。
いやいや、相互オナニーって、こんなに清楚そうなのに? 
女性は携帯の画面を見られたことを気が付いてはおらず、黙々と画面を見つめている。
次の駅で女性が下りると、俺は急いで自分の携帯を取り出し、さっき覚えたサイトを開いた。
『俺で良ければ、相互オナニーしませんか』
俺はさっそく、コメントを入れると、女性からOKの返事が来た。
出会い系って、あんな可愛い子も使ってるんだ~。
テレフォンセックスのやり方を知る友人からのアドバイス
朝からかなりテンションが上がって、満員電車なのに、にやにやしている俺を周りは変な顔で見ていた。
その日に仕事上がりに会う約束をしたので、何をしたのか覚えていないくらい、一瞬で仕事の時間は過ぎていった。
待ち合わせ場所にはやっぱりあの女性。
嬉しくて思わずガッツポーズをすると、女性は美しく笑った。
その後はお決まりのコース。ご飯を食べて、ホテルへ行って、相互オナニーして……
約束ではそこまでだったけど、彼女のオナニーが可愛くて仕方がなくて、我慢できなくなっちゃった。
そしたら、彼女から「我慢できないから続きもお願いしていい?」だって。
ぐちゅぐちゅのオマンコこっちに向けてそんなこと言われたら断れる男いるのかなぁ。
思わず、心の中で本日2回目のガッツポーズ。
身体の相性もすごくよくて、結局その後付き合うことになりました。
出会い系で彼女ってないと思ってたけど、運命ならありだよね。
オナチャット
露出狂

愛人契約

愛人契約をしているスミレちゃんが「今日は焼き肉を食べたい」と言うので、食べ放題の焼き肉店へと行った。
焼き肉なんてくたびれた胃袋のおっさんの僕にはつらいのだけど、まだまだ若いスミレちゃんはもりもりと食べる。
「焼肉っつーたら、白いメシだろうがよ」
なんて大盛りご飯に生卵まで注文して、ジャンジャン肉を焼いていくスミレちゃんのパワフルさと言ったら。この小さな体のどこに焼き肉が入っていくのだろうか。
スミレちゃんとは、愛人契約以降、何度か食事をしているが、そんなに大食のイメージはない。僕の方がたくさん食べているくらいだ。
しかし、焼き肉だと立場が逆転する。
「うち、貧乏でさー」
更に上カルビを2人前注文して、スミレちゃんの食欲は衰えることがない。
「毎日、お腹を空かしてた。焼き肉なんてテレビドラマの中の世界の食べ物だと思ってたんだよ」
そんな幼少期を経て体と胃袋は小さく育ってしまったが、焼き肉だけは当時食べられなかった欲求を晴らすためか、いくらでも食べられるという。
「私が愛人契約してるのも、焼き肉を腹いっぱい食べるためなんだ」
この食べっぷりを見ていると、あながち冗談でもなさそうだ。
締めに韓国冷麺まで食べたスミレちゃんはすっかり満足したようだ。
愛人契約
ところで、僕たちはこれから、焼き肉の匂いまみれでセックスするのだろうか。胸やけがしてしまいそうだ。
「食欲は十分満たしたから、次は当然・・・アレよね?」
夜道をホテルへと向かいながら、スミレちゃんは相撲取りの様にパンパンになった腹をポンとたたく。
確かにスタミナはフルチャージされた気がする。焼き肉力の助けを得たパワフルセックスがこれから待っている。
焼き肉の匂いも夜風がきれいに流してくれたようだ。僕たちは溢れんばかりの性欲を満たすために、心躍らせながらホテルの門をくぐった。
そして今、僕の横ではすっかり満腹になったスミレちゃんが、寝息を立てていた。
満たされた食欲が呼び込んだ次なる欲は、性欲ではなくて、睡眠欲の方らしかった。
幸せそうに眠ってしまったスミレちゃんに、僕は仕方ないなあとばかりに軽くキスをした。焼き肉の後味がちょっぴり残っていた。
デート援
愛人契約の意味