38歳独身男性会社員の出会えるサイト体験

本当にこんな事が実際にあるのかという
思いをしたのは2ヶ月前でした。

私はモテないを絵に書いたような男で
太っていてブサイクな平社員です。

女子社員からは避けられ彼女も出来ず趣味は
食べる事しかありません。

しかし、こんな私でも必要とされる
神待ち体験をしてしまいました。

それは神になれたのです。
女の子の寝床や食事を提供する
出会えるサイトで神待ちの女の子に出会えたのです。

きっかけはもちろん神待ち掲示板でした。
出会い系では顔の画像を送ると
女性のに断られる私ですが
ここではそんな事はなかったのです。

神待ちをしてた女の子は二十歳の子で
とにかく眠れる所を探しているみたいでした。

私のマンションは1部屋使ってないので
食事も出せますと持ちかけた所
女の子は喜んで話が決まりました。

待ち合わせ場所の溝の口の駅に
神待ち掲示板で送ってもらった画像の
女の子を見つけ、とりあえずは
一緒に食事に連れていきました。

余程お腹が空いていたのでしょう。
物凄い勢いでハンバーグ定食を平らげ
私に何度もお礼を言うのです。

そして、自宅マンションに連れて行き
自由に部屋を使っていい事を告げると
また何度もお礼を言います。

私は本当に出会えるサイトってあるんだという思いを
改めて感じ、必要とされた事に
感激してしまいました。

その日の夜、私達は別々の部屋で寝ていたのですが
夜中に何か違和感を感じ目を開けると
女の子が私に覆い被さるようにして
私の身体を舐め回しているのです。

私に気がついた女の子は
お金ないから、うちの身体
自由にしていいよ、と耳元で囁きます。

恥ずかしながら私は
素人の女性とのセックスは経験ありません。
どうやっていいのかわからず
ただただ女の子の愛撫に喘いでいました。

女の子はおそらく私がモテない事を
わかってくれたのだと思います。
マグロ状態の私を優しくリードしてくれ
ゴムも付けずに挿入させてくれました。

初めて生で女性に挿入したのです。
私は感動と気持ち良すぎる女の子のあそこに
泣いてお礼を言いながら腰を振っていました。

そして、うちの中で出していいよ
そう言い私の背中に腕を回し抱きしめてくれて
夢なら覚めないでくれと思いながら
私は女の子に大量の液を奥深く注ぎ
夢中でキスをしていました。

私には出会えるサイトで出会えたこの女の子こそが神様に思え
その日は朝まで女の子と繋がっていたのでした。

あの日からもう2ヶ月がたちます。
女の子の使っていた部屋は今では
二人の寝室に模様替えをし
女の子も昼にアルバイトを始められるまでになり
毎晩、子宮で私を受け止めてくれています。

27歳独身女性フリーターの出会い系サイト体験

彼氏いない歴イコール年齢の私。
もう20代も後半になるのに一度も彼氏ができたことがないなんて、私かなりヤバイのでは?!と思い、ここぞとばかりに思い切ってインターネットで出会いを探すことにしました。
なぜインターネットかといいますと、現実世界ではなかなかいい男にめぐり合えないからです。
それに対してインターネットは全世界に繋がっているのであらゆる男性と知り合えるチャンスがあるわけです。
とはいえ、インターネットで出会うことについて、不安がなかったのかというとそんなことはありません。
むしろ不安は大きかったですが、そんなこと気にしてたらいつまでも良い出会いなんてやってこないと思い、思い切って飛び込んでみました。

私はいわゆる出会い系のサイトに登録してみたわけですが、いい男というのは数は多くはないですがそれなりにいますね。
良さそうだなと思う男性のプロフィールを拝見して、話が合いそうだなと思った人には思い切ってこっちからメールを送るようにしています。
こっちからメールを送ると大抵は返信が来るのですが、そこからのやりとりを長続きさせるのがなかなか難しいですね…。
大半はいつのまにか自然消滅となってしまっています。

しかし、私はまだまだ諦めません!
いつかインターネットで知り合った男性と現実世界で実際に出会うその日まで…。